仮想通貨FLR(フレア)とは?将来性や今後の予想・価格推移を解説します

当ページには広告が含まれている場合があります。
FLR将来性
モノギ

仮想通貨のFLR(フレア)って?どんな特徴があるのか知りたい。

シノビン

このような疑問にお答えします。
今後、仮想通貨のFLR(フレア)は上がるのか下がるのか予想し、
将来性についても記載してますのでぜひ最後まで読んでみてください!

今回の記事のまとめ
  • FLR(フレア)は、Flare Networkのネイティブトークン
  • スマートコントラクト上での利用の可能性
  • 独自のステーブルコイン「F-Assets」の発行
  • 定期的なトークンのエアドロップ
  • 2024年4月現在でも高騰は続いており、年初から約60%も上昇
  • スマートコントラクトプラットフォームとしての機能を提供することが期待
  • 分散型金融(DeFi)の発展を促進する可能性

仮想通貨を購入する取引所として、おすすめなのがコインチェックです。

ダウンロード数No.1のスマホアプリが使いやすく初心者の方でも簡単に仮想通貨を購入することができますよ。

また、コインチェックは取り扱い通貨数国内最大級です。。

ビットコインやイーサリアムなど、29種類の仮想通貨を取り扱っていて、すべての銘柄を500円の資金から購入することができます。

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

目次

仮想通貨FLR(フレア)とは?

FLR(フレア)は、XRP Ledgerと互換性を持つスマートコントラクトプラットフォームであるFlare Networkのネイティブトークンです。

フレアネットワークは、Ripple(リップル)社の投資部門「Xpring」が支援しているプロジェクトであり、仮想通貨リップルのスマートコントラクト上での利用を目指しています。

スマートコントラクトとは、あらかじめ設定されたルールに従ってブロックチェーン上の取引が実行されたり、ブロックチェーン外からの情報をトリガーにして実行されるプログラムのことです。

また、FLR(フレア)は独自のアルゴリズムを使用してステーブルコイン「F-Assets」を発行し、 F-Assetsはフレアネットワークで発行される仮想通貨のスマートコントラクトを可能にしています。

これにより、フレアネットワークはDeFiやNFTにアクセスできるようになります。 

さらに、フレアでは定期的にトークンのエアドロップ(無償配布)が行われています。

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

幅広く仮想通貨を知りたいという方は、ぜひ「おすすめのアルトコイン」「仮想通貨ランキング」の記事もご覧ください。

仮想通貨FLR(フレア)の特徴

仮想通貨FLR(フレア)がどんなものなのかわかったところで、仮想通貨FLR(フレア)の主な特徴を解説します。

以下の3つです。

FLRの特徴
  • スマートコントラクト上での利用の可能性
  • 独自のステーブルコイン「F-Assets」の発行
  • 定期的なトークンのエアドロップ
モノギ

それぞれ解説していきますね。

スマートコントラクト上での利用の可能性

FLR(フレア)は、リップル社の投資部門であるXpringが支援するプロジェクトであり、リップルのスマートコントラクト上で利用することを目指しています。

これは、ブロックチェーン上でプログラム可能な契約を実行する能力を持つことを意味します。

スマートコントラクトによって、あらかじめ定義された条件に従って自動的に取引を実行したり、外部のイベントに応じてプログラムを実行したりすることができます。

独自のステーブルコイン「F-Assets」の発行

独自のアルゴリズムによってステーブルコイン「F-Assets」を発行します。

ステーブルコインは、通常、他の資産や通貨にペッグされた価値を持つ仮想通貨です。

F-Assetsはフレアネットワーク内で発行され、仮想通貨のスマートコントラクトをサポートする役割を果たします。

定期的なトークンのエアドロップ

定期的にトークンのエアドロップ(無償配布)を行っています。

ユーザーが一定の条件を満たした場合に無料でトークンを受け取ることができる仕組みで、エアドロップはプロジェクトの普及やユーザーの参加を促進するために行われます。

シノビン

これらの特徴により、FLR(フレア)はスマートコントラクト上での利用可能性やステーブルコインの発行、そして定期的なエアドロップを通じて、ユーザーに多様な利用の可能性とメリットを提供しています。

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

なお、過疎通貨の銘柄については「おすすめの暗号資産」の記事でも紹介していますので是非あわせてご覧ください。

仮想通貨FLR(フレア)の価格推移

次に、仮想通貨FLR(フレア)の価格推移を見ていきましょう。

  • 長期的な推移
  • 直近3ヶ月の推移

をそれぞれ解説します。

長期的な推移

引用:TradingView

2023年1月から大手取引所に続々と上場されたばかりで、上場開始後は価格が急騰し約0.04ドル台で推移していました。

その後は、高値に挑戦することなく下降トレンドです。

モノギ

上場してからの期間が短いため、価格が安定せずに変動していました。
2024年になってからは、上昇傾向にあります。

FLR(フレア)価格上昇の根拠は以下の通りです。

  • エアドロップによるFLR(フレア)の流通量の増加
  • ブロックチェーンの相互運用の中継役としての地位の確立
  • イーサリアムの価値上昇による相乗効果

などが挙げられます。

2023年に総枚数の15%をエアドロップで配布し、残りの85%のエアドロップが予定されています。

また、ネットワークの信頼性や安全性をサポートするシステム「Songbird」とのブリッジや、後続のローンチも控えておりフレアの需要が高まる可能性があります。

直近3か月の推移

引用:TradingView

直近3ヶ月のFLR(フレア)の短期チャートを見ると、大きな上昇が確認されます。

ビットコイン現物ETFの話題により1月まで仮想通貨市場全体が上昇し、その中でもFLR(フレア)が連動しました。

しかし、1月11日の本承認以降、仮想通貨市場は全体的に低迷しましたがFLR(フレア)は独自の上昇を示しています。

2024年1月16日には、グーグルクラウドがFLR(フレア)のネットワークに参加することが発表され一気に買いの圧力が強まりました。

2024年4月現在でも高騰は続いており、年初から約60%も上昇しています。

価格が高騰した後は一時的に下落する可能性もありますが、反発後に押し目を付けて再び上昇する可能性があります。

今後の動向に注目しましょう。

モノギ

FLRの価格推移に可能性を感じた方は、ぜひ各種手数料が無料でお得に取引できるコインチェックから購入してみましょう!

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

仮想通貨FLR(フレア)の今後の予想・将来性

今後の将来性を気になっているところで、仮想通貨FLR(フレア)の将来性を3つあげて解説します。

FLRの将来性
  • スマートコントラクトプラットフォームとしてのポテンシャル
  • インテグレーションと相互運用性
  • 分散型金融(DeFi)の促進

スマートコントラクトプラットフォームとしてのポテンシャル

仮想通貨FLR(フレア)はスマートコントラクトプラットフォームとしての機能を提供することが期待されています。

これは、イーサリアムのようなプラットフォームでディセントラルアプリケーション(DApps)を開発し、実行することが可能です。

スマートコントラクトは自己実行型のコードであり、特定の条件が満たされると自動的に実行されるため、FLR(フレア)のスマートコントラクトプラットフォームが開発者にとって魅力的な選択肢となる可能性があります。

インテグレーションと相互運用性

既存のブロックチェーンやネットワークとの相互運用性を重視しています。

これにより、他のプラットフォームやデジタルアセットとの統合がスムーズに行われ、FLR(フレア)が広範なブロックチェーンエコシステムの一部となる可能性があります。

この相互運用性は、分散型金融(DeFi)やクロスチェーン取引など、多様なアプリケーションやユースケースの開発において重要な役割を果たすでしょう。

分散型金融(DeFi)の促進

分散型金融(DeFi)の発展を促進する可能性があります。

FLR(フレア)のスマートコントラクト機能やインテグレーション可能性により、自動化された金融サービスやプロトコルが開発され、参加者が中央集権的な機関を介さずに資産を管理し、取引することができるようになります。

なお、DeFiについては「DeFiの始め方」の記事も是非あわせてご確認下さい。

より包括的で透明性のある金融システムが実現される可能性があります。

シノビン

これらの要因は、FLR(フレア)が将来的に成長しブロックチェーンおよび仮想通貨の分野で重要な役割を果たす可能性を示唆しています。
ただし、市場の変動や技術的な課題などのリスクも考慮する必要があります。

モノギ

FLRに将来性を感じた方は、コインチェックから購入することができますので是非この機会に口座開設しておきましょう!

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

仮想通貨FLR(フレア)が買えるおすすめの仮想通貨取引所

実際に、仮想通貨FLR(フレア)を買っていきましょう。

取り扱っている国内仮想通貨取引所はいくつかありますが、今回はその中から、以下の3社をピックアップして解説していきます。

FLRにおすすめの取引所
  • コインチェック
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

それぞれ詳しく解説します。

コインチェック

取扱通貨数20種類以上
最低購入金額500円
手数料販売所:約0.5%~1.0%
取引所:約0.05%~0.15%
取引方法販売所取引所
積立あり
入出金銀行振込クイック入金仮想通貨
セキュリティ二段階認証
SMS認証
アドレスロック
サポートメール
電話
チャット
アプリあり
キャンペーン頻繁に開催
関連記事Coincheck(コインチェック)の評判/口コミ

メリット

  • 少額から投資を始められる
  • 豊富な取扱通貨数
  • 使いやすいアプリ
  • 充実したサポート体制
  • 頻繁なキャンペーン

デメリット

  • 販売所の取引手数料が高い
  • 一部の通貨は送金手数料が高い

コインチェックは、少額から投資を始められる初心者向けの取引所です。

豊富な取扱通貨数、使いやすいアプリ、充実したサポート体制などが特徴です。

モノギ

販売所の取引手数料は高めですが、取引所を利用すれば手数料を抑えられます。

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

DMM Bitcoin

DMMbitcoin
取扱通貨数38種類
手数料現物取引:無料
レバレッジ取引:スプレッド方式
レバレッジ最大25倍
注文方法BitMatch注文
セキュリティ二段階認証SSL通信
サポート365日・24時間対応
キャンペーン入金キャンペーン
取引量に応じてポイント還元
関連記事DMM Bitcoinの手数料

メリット

  • 手数料が無料または低い
  • 取扱通貨数が豊富
  • 高いレバレッジ
  • 独自の注文方法
  • 充実したセキュリティ対策
  • 365日・24時間対応のサポート
  • 定期的なキャンペーン

デメリット

  • 一部の銘柄は取り扱いがない
  • レバレッジ取引のリスク

DMM Bitcoinは、手数料が無料または低くて取扱銘柄が豊富で高いレバレッジを提供している取引所です。

シノビン

初心者から上級者まで幅広いユーザーにオススメできます!

\1000円もらえるキャンペーン実施中!/

公式サイトはこちら

なお、「DMM Bitcoinの評判」の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご確認下さい。

GMOコイン

取扱通貨数26種類
販売所あり
取引所あり
レバレッジ取引あり
手数料販売所:約0.15% ~ 0.25%
取引所:約0.05% ~ 0.15%
セキュリティ二段階認証
不正ログイン検知
入出金土日祝日も含めて24時間365日対応
アプリあり
キャンペーン随時開催
関連記事GMOコインの口座開設キャンペーン
GMOコインの評判

メリット

  • 東証プライム上場企業の傘下企業が運営しており、安心感がある
  • 取扱通貨数が多い
  • 販売所と取引所の両方に対応
  • レバレッジ取引が可能
  • セキュリティ対策が充実
  • アプリが使いやすい
  • キャンペーンが豊富

デメリット

  • 販売所の手数料が高い
  • 一部のマイナー通貨は取り扱っていない
  • レバレッジ取引はリスクが高い
モノギ

キャンペーンを利用してお得に取引したいならGMOコイン。
東証プライム上場企業の傘下企業が運営しており、安心感がある取引所です。
取扱通貨数も多く販売所と取引所の両方に対応しているので、初心者から上級者まで幅広いユーザーにオススメできます。

 \手数料無料で最短10分で取引開始!/

公式サイトはこちら

仮想通貨FLR(フレア)の今後・将来性まとめ

FLR(フレア)は、技術的な特徴、ロードマップ、パートナーシップ、市場動向などから、将来性のある仮想通貨と言われています。

しかし、競争や規制などの懸念点も存在します。

投資を検討する際には、これらの点を考慮する必要があります。

シノビン

FLRの購入を検討されている方はコインチェックがおすすめです。

各種手数料が無料で低コストで取引できる他、デザインが使いやすく多くの人に利用されています。

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次