DeFi(ディファイ)とは?関連の仮想通貨・おすすめ銘柄をランキング形式で紹介!

当ページには広告が含まれている場合があります。
DeFi関連銘柄

「DeFi(ディファイ)銘柄ってたくさんあるけど、どれがおすすめなの?」
「そもそも仕組みが難しくてよくわかんない…」
「DeFi(ディファイ)を利用する上でのリスクを知りたい!」

モノギ

このような声にお答えして、今回はDeFi(ディファイ)の特徴やおすすめ銘柄、利用する上での注意点を解説します!

シノビン

この記事を読むことで、DeFi(ディファイ)にはどういった種類があり、どれほど将来性が高いのかがわかるでしょう!

この記事を読んでわかること
  • DeFi(ディファイ)の仕組みや特徴がわかる!
  • 将来性の高いおすすめの銘柄がわかる!
  • 利用にはいくつか注意点がある

DeFi(ディファイ)を利用する際は、イーサリアムが手数料として必要になることが多いです。

コインチェックにてイーサリアムを購入できるので、まだ口座を持っていない人はぜひ口座開設しておきましょう!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

目次

DeFi(ディファイ)とは?仕組みを解説

引用:分散型金融(DeFi) | ethereum.org

DeFi(ディファイ)とは、Decentralized Financeの略で「分散型金融(管理者のいない金融システム)」のことです。

金融とは金銭の融通をすることであり、お金が余っている人が、お金が足りない人に貸し出して利息をもらいます。この貸し借りを仲介するポジションに、銀行などの金融機関が存在しています。

しかし、DeFi(ディファイ)はブロックチェーンとスマートコントラクト(契約を自動で実行する機能)を活用した分散型金融なので、銀行や政府などの管理者を必要としません。

シノビン

DeFi(ディファイ)は従来の金融に代わる新しいシステムとして、着実に成長を続けていて、世間からの注目も非常に高いです!

DeFiに挑戦してみようという方は「DeFiの始め方」の記事もあわせて是非ご確認下さい。

DeFi(ディファイ)の特徴

DeFi(ディファイ)は既存の金融業界を一新させるほどのシステムですが、一般認知は高くありません。

ここからは代表的な特徴を3つ解説します。

DeFi(ディファイ)の特徴3選
  • スマートコントラクトによって取引が自動化されている
  • 世界中の人々がどこにいても利用できる
  • 従来の金融システムよりも利回りが高い

スマートコントラクトによって取引が自動化されている

DeFi(ディファイ)の最大の特徴は、スマートコントラクトによって取引が自動化されていることです。

中央に管理者がいなくとも取引が自動で行われるため、ユーザーにはさまざまなメリットがあります。

  • 人による確認作業がないため、人的ミスが削減され取引速度が上がる
  • 人件費がかからないため、手数料が安い
  • 透明性が高く改ざんが難しいため、安全に利用できる

自動化によって、これまでよりも効率的で信頼性の高い金融サービスが実現できます。

モノギ

スマートコントラクトはDeFi(ディファイ)の核となる機能といえるでしょう!

世界中の人々がどこにいても利用できる

DeFi(ディファイ)はインターネットさえあれば、世界中どこからでもアクセスできます。

DeFi(ディファイ)の利用には口座開設や会員登録がいらず、自分の仮想通貨ウォレットを接続するだけでサービスを利用できます。国籍や年齢を問わず、だれもが平等に使えるのです。

これにより、従来の金融サービスを利用できない地域の人々でも、資金の貸し借りや資産運用ができるようになりました

DeFi(ディファイ)によって金融の民主化がグローバルに進み、国境をこえた資金の流れが活性化すれば、世界経済への好影響も期待できます。

シノビン

DeFi(ディファイ)は世界の金融を大きく変えられるほどのポテンシャルを秘めているのです!

従来の金融システムよりも利回りが高い

DeFi(ディファイ)には、従来の金融システムよりもはるかに高い利回りを提供するサービスがあります。

その理由は仲介者がおらず、中間コストを大きく削減できるからです。

DeFi(ディファイ)での代表的な運用方法は以下の3つ。

たとえば、銀行で預金したときの利回りは0.001~0.1%ほどです。
100万円を1年間預けたとしても10円、多くても1,000円しか増えません。

対して、DeFi(ディファイ)では5%以上で運用できるプラットフォームが無数にあり、10%をこえる場合も珍しくありません。100万円を預ければ、1年で5万、10万と増やしていけます

この魅力的な高利回りがあるからこそ、投資家はDeFi(ディファイ)を積極的に利用しているのです。

モノギ

ただし、高いリターンには高いリスクがつきものなので、慎重に利用しましょう!

シノビン

DeFi(ディファイ)を利用するには、自分のウォレットに仮想通貨を送る必要があります。
使いやすくて歴史も長いコインチェックからの送金がおすすめなので、まずは口座開設から始めましょう!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

DeFi(ディファイ)関連のおすすめ仮想通貨

ここからはDeFi(ディファイ)関連のおすすめ仮想通貨を紹介します。

投資する際の参考にしてみてください。

おすすめのDeFi(ディファイ)関連銘柄
  • イーサリアム
  • アバランチ
  • Uniswap
  • PancakeSwap
  • Compound
  • ダイ

イーサリアム(ETH)

名称イーサリアム
ティッカーシンボルETH
現在の価格*491,311円
時価総額*58,993,464,463,673円
時価総額ランキング*2位
発行上限なし
主な取り扱い取引所コインチェック
DMM Bitcoin
GMOコイン
関連記事ETHの買い方
*2024年4月21日時点、CoinMarketCap調べ

イーサリアムはDApps(分散型アプリ)を開発できるプラットフォームであり、多くのDeFi(ディファイ)で活用されています。

その理由はスマートコントラクトによって、すべての取引を自動実行できるからです。

実際にイーサリアム上では以下のようなDeFi(ディファイ)が生まれています。

  • DEX(分散型取引所)
  • レンディングプラットフォーム
  • ステーブルコイン

イーサリアム上にあるDeFi(ディファイ)のほとんどで、ETHが手数料として使われます。

DeFi(ディファイ)に興味があるなら、まずはETHを購入してみましょう。

モノギ

イーサリアムの購入は各種手数料が無料でお得に取引できるコインチェックがおすすめです!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

アバランチ(AVAX)

名称アバランチ
ティッカーシンボルAVAX
現在の価格*5,869.86円
時価総額*2,218,602,051,288円
時価総額ランキング*12位
発行上限7億2,000万枚
主な取り扱い取引所コインチェック
DMM Bitcoin
SBI VCトレード
関連記事AVAXの将来性
*2024年4月21日時点、CoinMarketCap調べ

アバランチはDApps(分散型アプリ)開発を目的としたプラットフォームであり、イーサリアムよりも取引速度が速く、手数料が安いのが特徴です。

さまざまなDeFi(ディファイ)が存在するなかで、イーサリアムの高い手数料に悩むユーザーにとって、アバランチは非常に魅力的な選択肢となっています。

  • 秒間4,500件のトランザクション処理能力
  • 数円~数十円で取引できる
  • イーサリアム上のDeFi(ディファイ)をアバランチに移行できる

アバランチはより快適にDeFi(ディファイ)を使いたい人におすすめです。

シノビン

アバランチの購入はコインチェックがおすすめです!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

Uniswap(UNI)

名称Uniswap
ティッカーシンボルUNI
現在の価格*1,209.06円
時価総額*723,889,124,583円
時価総額ランキング*23位
発行上限10億枚
主な取り扱い取引所Uniswap(国内では取り扱いなし)
関連記事MetaMask(メタマスク)の使い方
*2024年4月21日時点、CoinMarketCap調べ

Uniswapはイーサリアム上で開発されたDEX(分散型取引所)です。

取引に必要な通貨はあらかじめプールに集められ、ユーザーはプールを介して取引を行います。そのため、中央集権型取引所のような仲介者がいりません。

また、ユーザーは保有するトークンを預けて流動性を提供することで、独自トークンUNIをもらえます。

UNIを持っているユーザーは、Uniswap内の運営方針を決める投票に参加できます。

もっとも有名なDeFi(ディファイ)のひとつなので、初心者はUniswapから始めてみてください。

モノギ

UNIはメタマスクにイーサリアムを送り、Uniswapに接続することで購入できます。

イーサリアムの購入はコインチェックがおすすめです!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

PancakeSwap(CAKE)

名称PancakeSwap
ティッカーシンボルCAKE
現在の価格*454.23円
時価総額*113,376,201,112円
時価総額ランキング*105位
発行上限7億5,000万枚
主な取り扱い取引所PancakeSwap(国内では取り扱いなし)
関連記事パンケーキスワップの将来性
*2024年4月21日時点、CoinMarketCap調べ

PancakeSwapはBNBチェーン上で動作するDEX(分散型取引所)です。

Uniswapと同様、ユーザー同士でトークンを交換できますが、BNBチェーンを使うことでさらに早く・安く取引できます。

また、ステーキングやファーミングを行えば独自トークンCAKEを利回り数%~数十%で得られます。

UNIと同じように、CAKEを持つことでPancakeSwapの運営方針に関する投票に参加できます。

PancakeSwapはUniswapと並ぶほど有名なDeFi(ディファイ)なので、ぜひ利用してみてください。

シノビン

CAKEはメタマスクにBNBを送り、PancakeSwapに接続することで購入できます。

BNBの購入はbitbankがおすすめです!

\即時出金に対応!サポートも手厚い!/

詳しくはこちら

Compound(COMP)

名称Compound
ティッカーシンボルCOMP
現在の価格*9,253.15円
時価総額*75,052,101,542円
時価総額ランキング*143位
発行上限1,000万枚
主な取り扱い取引所海外取引所(国内では取り扱いなし)
*2024年4月21日時点、CoinMarketCap調べ

Compoundはイーサリアム上で動作するレンディングプラットフォームです。

ユーザーは自分の仮想通貨をプールに預けることで利息を得られ、借りたい場合はプールに預けられている中から借りることになります。

最大の特徴は、Compoundで貸し借りを行うと、独自トークンCOMPを獲得できることです。貸した場合は利息に加えてCOMPがもらえるので、とてもお得ですね。

先述したUNIやCAKE同様、COMP所有者にはCompound内の運営方針を決める投票に参加できる権利が与えられます。

Compoundは仮想通貨を効率的に運用したい人におすすめです。

モノギ

COMPは海外取引所で購入できるので、日本の取引所から海外取引所にリップルを送れば、手数料を安くおさえられます。

リップルの購入コインチェックがおすすめです!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

ダイ(DAI)

名称ダイ
ティッカーシンボルDAI
現在の価格*154.66円
時価総額*827,119,547,093円
時価総額ランキング*21位
発行上限なし
主な取り扱い取引所コインチェック
GMOコイン
bitbank
関連記事DAIの将来性
*2024年4月21日時点、CoinMarketCap調べ

ダイはイーサリアム上で生まれたステーブルコインです。

ステーブルコインとは、米ドルなどに連動している価格が安定した仮想通貨であり、安定性が求められる取引や、投資のリスク管理に適しています。

ダイはイーサリアムなどの仮想通貨を担保に自由に発行でき、決済や貯蓄はもちろん、さまざまなDeFi(ディファイ)にて運用できます。

価格変動リスクをおさえて運用したい人におすすめです。

モノギ

ダイの購入は販売所手数料が無料であるコインチェックがおすすめです!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

DeFi(ディファイ)に関する注意点

ここからはDeFi(ディファイ)に関する注意点をいくつかご紹介します。

以下をおさえておかないと、最悪あなたの資産が大きく減ってしまう可能性があるので、きちんと把握しておきましょう

DeFi(ディファイ)に関する注意点
  • バグが見つかったり、ハッキングされたりする可能性がある
  • ウォレットの秘密鍵を適切に管理しなければいけない
  • 法整備がまだしっかりされていない

バグが見つかったり、ハッキングされたりする可能性がある

DeFi(ディファイ)は新しい技術であるため、バグによるシステムの停止やハッキングのリスクが常に存在します。具体的には、スマートコントラクトの脆弱性を利用した攻撃などが考えられます。

技術が進化しているとはいえ、まだまだ完璧なシステムではありません。過去には、バグやセキュリティホールを突かれて大規模な資金が盗まれる事件もありました。

あなたの資産を守るためにも以下の点に気をつけましょう。

  • 利用を考えているDeFi(ディファイ)サービスの実績を調べる
  • 資産を分散させ、一ヵ所に集中させない
  • 利回りが明らかに高すぎる場合は、少額の運用に留めておく

これらを心がけることで、リスクをある程度おさえられます。

DeFi(ディファイ)には責任をとってくれる管理者がいないため、トラブルが発生してもすべて自己責任になってしまいます。

利用前に、プロジェクトのセキュリティや過去のインシデント履歴を確認するようにしましょう。

ウォレットの秘密鍵を適切に管理しなければいけない

DeFi(ディファイ)の利用にはメタマスクなどの仮想通貨ウォレットが必要なので、秘密鍵の管理を徹底してください。

なぜならウォレットの秘密鍵を失うと、あなたの資産にアクセスできなくなるからです。

実際に秘密鍵を忘れたり、第三者に知られたりすると、資産を取り戻すのは難しくなります。

具体的な管理方法は以下のとおり。

  • 秘密鍵は絶対に他人に教えない
  • 忘れないように紙に書いて保管する
  • 不審なメールやWebサイトにはアクセスしない

これらを徹底することで、資産を安全に守れます。

自分の資産は自分で守る意識が重要なのです。

法整備がまだしっかりされていない

DeFi(ディファイ)はまだまだ成長途中の分野であり、多くの国で法整備が追いついていません。

投資家が十分に保護されていなかったり、不当な税金を払わなければいけなかったりなど、現在の法律ではカバーしきれない部分が多いです。

「現状は問題が起きたとしても、自己責任の占める割合が多い」ことを理解しておいてください。

また、今後の法改正や政策の変更に注目し、最新情報に敏感になっておくことも大切です

必要であれば税理士や専門家のアドバイスを求めましょう。

DeFi(ディファイ)おすすめ仮想通貨まとめ

DeFi(ディファイ)おすすめ仮想通貨まとめ
  • DeFi(ディファイ)は管理者のいない金融システム
  • スマートコントラクトによって取引が自動化されている
  • 世界中の人がどこにいても利用でき、銀行よりも利回りが高い
  • おすすめの銘柄は「ETH、AVAX、UNI、CAKE、COMP、DAI」の6種類
  • 利用するときは「脆弱性、秘密鍵の管理、不十分な法整備」の3つに注意する必要がある
モノギ

DeFi(ディファイ)の特徴やおすすめ銘柄を見てきて、新たな金融の形として、世界に浸透してきていることがわかりました!
今後もさらに盛り上がっていく可能性が高いので、今のうちから少しでも触れておくことをおすすめします!

シノビン

また、コインチェックでは今回おすすめした6銘柄のうち3つを取り扱っています!

口座開設は10分ほどでできるので、この機会にぜひ仮想通貨取引を始めてみてください!

\取り扱い銘柄数、国内最大級!/

公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次