Hivemapper(ハイブマッパー)とは?やり方(始め方)や購入方法・稼ぎ方を徹底解説!

当ページには広告が含まれている場合があります。
Hivemapper

Hivemapperって運転するだけで稼げるって聞いたけど、本当なの?
どうやって始めるのか知りたい!
今後、世界的に普及していくのかな?

モノギ

このような声にお答えして、今回はHivemapper(ハイブマッパー)の特徴や始め方、将来性を解説します!

シノビン

この記事を読むことで、なぜHivemapper(ハイブマッパー)が注目されているのか、どれほど魅力的なプロジェクトなのかがわかるでしょう!

この記事を読んでわかること
  • Hivemapper(ハイブマッパー)がどういったプロジェクトなのかがわかる!
  • 始め方や稼ぎ方がわかる!
  • 将来性や注意すべき点がわかる!

Hivemapper(ハイブマッパー)で得た報酬は、海外取引所でほかの仮想通貨に交換して、国内取引所に送る必要があります。

送金先は初心者でも簡単に使えて、セキュリティ対策も万全なコインチェックがおすすめですので、まだ口座をお持ちでない方はぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

目次

Hivemapper(ハイブマッパー)とは?

Hivemapperトップページ

Hivemapper(ハイブマッパー)は、ブロックチェーンを利用した「分散型の地図サービス」であり、代表的なDePIN(ディピン)のひとつです。

DePIN(ディピン)とは

Decentralized Physical Infrastructure Networkの略で「分散型物理インフラ」のこと。ユーザーは物理的リソースを提供すると、プロジェクト独自の仮想通貨を得られる。

従来のGoogleマップなどのメジャーな世界地図は、一つの企業が莫大なコストをかけてデータを収集し、最新の状態に更新していました。

しかし、Hivemapper(ハイブマッパー)では、ユーザーが社内に専用のドライブレコーダーを取り付けて運転することで、地図データの収集を行います。データの収集に貢献したユーザーには、報酬として仮想通貨HONEYが与えられます。

つまり、Hivemapper(ハイブマッパー)は世界中の人々の力を借りることで、リアルタイムで地図情報を更新できるのです

モノギ

これまでGoogleなどが行ってきた方法と比べて格段に安く、常に最新の世界地図を作れます!

Hivemapper(ハイブマッパー)の始め方・購入方法

Hivemapper(ハイブマッパー)の始め方・購入方法を解説します。

以下の流れを確認しておきましょう。

Hivemapper(ハイブマッパー)の始め方・購入方法
  1. コインチェックの口座を開設する
  2. 専用のドライブレコーダーを買う
  3. Hivemapper CompanionとPhantomウォレットをインストールする
  4. Hivemapper CompanionにPhantomウォレットとドライブレコーダーを接続する

コインチェックの口座を開設する

コインチェックトップページ

まずはコインチェックの口座を開設しておきましょう。

なぜなら、Hivemapper(ハイブマッパー)で得た仮想通貨HONEYを日本円と交換するために、国内の仮想通貨取引所を使うからです。

コインチェックはアプリダウンロード数が国内No.1であり、初心者でも簡単に利用できます。

シノビン

無料で口座開設できるので、はじめに行ってしまいましょう!

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

コインチェックについては「コインチェックの評判/口コミ」で詳しく解説しているので、気になる人はチェックしてみてください。

専用のドライブレコーダーを買う

次に車に取り付ける専用のドライブレコーダーを買います。

489ドル589ドル(1ドル=150円とした場合、73,350円と88,350円)の2種類のモデルがありますが、489ドルのほうを購入すれば問題ありません。

ちなみに、ドライブレコーダーの受け取りから14日以内であれば、返品も可能です。

Hivemapper CompanionとPhantomウォレットをインストールする

続いてHivemapper CompanionPhantomウォレットをインストールしましょう。

Hivemapper Companionは、走行して得た地図データをアップロードするために使います。

Phantomウォレットは、HONEYトークンの受け取りに必要です。

Hivemapper CompanionにPhantomウォレットとドライブレコーダーを接続する

アプリのインストールが完了したら、初期設定を行い、Hivemapper CompanionにPhantomウォレットドライブレコーダーを接続します。

Hivemapper Companionとドライブレコーダーの接続方法
  1. Hivemapper Companionアプリを開き「Connect Dashcam Wi-Fi」をタップする
  2. スマホのWi-Fi設定画面に移動し「dashcam-」で始まるネットワークを選択する
  3. パスワード「hivemapper」を入力する
  4. アプリを再度開くと、ドライブレコーダーが接続される

参考:Connect Dashcam to App

シノビン

これでHivemapper(ハイブマッパー)を始める準備が整いました!

Hivemapper(ハイブマッパー)の稼ぎ方

Hivemapper(ハイブマッパー)の稼ぎ方を見ていきます。

まずは車を運転しながら地図データを収集し、Hivemapper Companionにアップロードしていきましょう。

アップロードされた地図データのうち、前週の月曜日から日曜日までのデータに対する報酬として、HONEYトークンが水曜日にPhantomウォレットに配布されます。

続いて、獲得したHONEYトークンをDEX(分散型取引所)や海外取引所で別の仮想通貨に交換し、コインチェックに送金してください。

最後に、コインチェックに送られてきた仮想通貨を売却することで、日本円に換えた分があなたの利益になります

モノギ

Hivemapper(ハイブマッパー)で得た報酬を、最終的に日本円へ交換するときはコインチェックがおすすめです

各種手数料が無料で無駄なコストを削減できるので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ口座開設しておきましょう。

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

Hivemapper(ハイブマッパー)の将来性

ここからはHivemapper(ハイブマッパー)の将来性について解説していきます。

プロジェクトの今後に不安がある人はきちんと把握しておきましょう!

Hivemapper(ハイブマッパー)の将来性
  • DePIN(ディピン)市場が拡大していくと、Hivemapper(ハイブマッパー)の人気も上がりやすい
  • 世界でもっとも利用される地図になるほどのポテンシャルがある
  • Hivemapper(ハイブマッパー)の報酬のみで生活する人が現れるかもしれない

DePIN(ディピン)市場が拡大していくと、Hivemapper(ハイブマッパー)の人気も上がりやすい

DePIN(ディピン)市場の拡大は、Hivemapper(ハイブマッパー)の人気上昇につながりやすいと考えられます。

なぜならDePIN(ディピン)の代表的なサービスはHivemapper(ハイブマッパー)だからです。

近年、DePIN(ディピン)が普及し、個人が物理リソースを提供して仮想通貨を得るビジネスモデルが浸透してきました。

その市場規模は約2.2兆ドルといわれており、2028年には約3.5兆ドルに達する可能性がある、と予想されています。

そして、Hivemapper(ハイブマッパー)はDePIN(ディピン)を代表するサービスであるため、人気がもっとも上がりやすいのです。

モノギ

新たなDePIN(ディピン)のプロジェクトが発展すると、それに引っ張られてHivemapper(ハイブマッパー)の価値も上がりやすくなります!

世界でもっとも利用される地図になるほどのポテンシャルがある

Hivemapper(ハイブマッパー)は世界でもっとも利用される地図プラットフォームになる可能性があります。

Hivemapper(ハイブマッパー)はリアルタイムで地図情報を更新できるため、常に最新の地理データを提供できます。また、世界中の人々が参加するプロジェクトであるため、広範囲にわたってデータを収集し、さまざまな地域の詳細な情報を含んだ地図を作成可能です。

たとえば、通常の地図アプリではカバーされにくい郊外や農村部のデータも、Hivemapper(ハイブマッパー)によって詳細に更新されれば、ユーザーはより正確な情報を手に入れられます。鮮度の高い地図情報は、土木工事の効率化やインフラ管理に役立ちます。

また、2024年3月14日には「14か月で世界の道路の15%を地図化した」と公式で発表されました

データ収集を行うユーザーが増えれば、さらに早いペースで地図を完成させられるでしょう。

シノビン

世界中の人たちで作り上げる「リアルタイムで更新される世界地図」の実現は近いかもしれませんね!

Hivemapper(ハイブマッパー)の報酬のみで生活する人が現れるかもしれない

将来的には、Hivemapper(ハイブマッパー)からの報酬のみで生計を立てる人が出てくるかもしれません。

ユーザーはドライブ中のデータ収集で報酬を得られ、Hivemapper(ハイブマッパー)側は低コストで鮮度の高い地図データを収集できるため、WinWinの関係が生まれています。

このように、Hivemapper(ハイブマッパー)は持続可能なビジネスモデルであり、非常によくできたプロジェクトなのです。

Web3.0業界全体を見ると、DeFiやGameFiで稼いだお金で生活している人が実際にいます。

Hivemapper(ハイブマッパー)が提供する経済圏は、他のブロックチェーンプロジェクト同様に、今後さらに注目されるでしょう。

モノギ

Hivemapper(ハイブマッパー)は夢があるプロジェクトだとわかっていただけたと思います。

シノビン

Hivemapper(ハイブマッパー)で得た報酬は最終的に日本円に換える必要があるため、今のうちにコインチェックの口座開設も進めておきましょう!

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

Hivemapper(ハイブマッパー)の注意点

Hivemapper(ハイブマッパー)を利用するなら注意点も知っておかなければいけません。

しっかりおさえておきましょう。

Hivemapper(ハイブマッパー)の注意点
  • 初期費用を回収できない可能性がある
  • 税金の計算が難しい
  • 公式サイトやアプリがすべて英語であり、解説記事もまだまだ少ない

初期費用を回収できない可能性がある

Hivemapper(ハイブマッパー)を始める際、初期費用として489ドルがかかりますが、そのお金を回収できる保証はありません。

仮想通貨は価格変動が激しく、例に漏れずHONEYトークンにも暴落の可能性があるからです。

2022年にSTEPNというMove to Earn(歩いて稼ぐ)ゲームが流行り、1日で何万円ものお金を稼ぐ人が続出しました。

しかし、ゲーム内報酬のGSTトークンの価値が少しずつ下がっていったことで稼ぎづらくなり、プレイヤーがどんどん減っていきました。

このように、うまくお金が循環し、長く続いていきそうなプロジェクトであっても、一時のブームで終わってしまうことは多いです。

Hivemapper(ハイブマッパー)にもその可能性があることは、頭に入れておきましょう。

税金の計算が難しい

Hivemapper(ハイブマッパー)は税金の計算が難しく、初心者は戸惑ってしまう人が多いでしょう。

暗号資産等に関する税務上の取扱いについて』によると、以下の場合に税金の計算を行う必要があります。

Hivemapper(ハイブマッパー)の利用で税金の計算をしないといけない場合
  • 仮想通貨HONEYを獲得したとき
  • 海外取引所でHONEYをほかの仮想通貨に交換したとき
  • 国内取引所で仮想通貨を日本円に交換したとき

上記のタイミングで利益が発生すると、税金がかかってしまいます。

仮想通貨にかかる税金は複雑であるため、必要であれば税理士など専門家のアドバイスを求めましょう

公式サイトやアプリがすべて英語であり、解説記事もまだまだ少ない

Hivemapper(ハイブマッパー)の公式サイトやアプリはすべて英語で表記されているため、日本人が完璧に理解するのは難しいです。

それにともなって以下のような問題が生じています。

  • 初心者向けの使い方ガイドが少ない
  • トラブルシューティングの情報が限られている
  • 更新情報や新機能の詳細が理解しづらい

さらに、Hivemapper(ハイブマッパー)を日本語で解説している記事もまだまだ少ないため、参入ハードルが高いと感じる人が多いです。

こういった問題に対処するには、英語が得意な友人の力を借りたり、Google翻訳などのツールを活用したりしましょう。

英語の障壁は大きいですが、少しずつ慣れていけば先行者利益を得やすいです。

Hivemapper(ハイブマッパー)のまとめ

この記事では、Hivemapper(ハイブマッパー)の仕組みや始め方、将来性について解説しました。

Hivemapper(ハイブマッパー)のまとめ
  • Hivemapper(ハイブマッパー)はブロックチェーンを利用した「分散型の地図サービス」
  • 専用のドライブレコーダーとアプリを用意すれば始められる
  • 1週間で集めた地図データ分の報酬が、翌週の水曜日に配布される
  • Googleマップを超える世界的な地図サービスになることを期待されている
  • 「暴落リスク、税金計算、情報理解の難しさ」に注意しなければいけない
モノギ

Hivemapper(ハイブマッパー)の仕組みや将来性を見てきて、みんなで作り上げる新たな地図サービスとして、世界に浸透してきていることがわかりました!
運転しながら稼げる時代が、ついに来たのです!

シノビン

Hivemapper(ハイブマッパー)などDePIN(ディピン)で得られた仮想通貨を日本円に換えるには、国内取引所の口座開設が必要です。

国内No.1のアプリDL数を誇るコインチェックで仮想通貨取引を始めてみましょう!

\取扱い銘柄数 国内最大級!/

公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次